オス化を防ぐ女性ホルモンの効果とは?


女性ホルモンをアップすることで男性ホルモンの影響を抑え、剛毛ともお別れできそうですね。しかも柔らかくふくよかな体、若々しい美肌をもメイクしてくれるホルモンです。

女性ホルモンは女性らしい体を保つ働きをしますが、中でもエストロゲンは抗酸化作用が強く、血液サラサラ効果があり、プロゲステロンは体温をあげるので冷え症の改善が期待できます。

また、コラーゲンやヒアルロン酸等の美肌成分も女性ホルモンが大きくかかわってきます。美肌、美髪、さらには爪や骨にも作用するので女性ホルモンはキレイの元ともいえますね。

女性ホルモンが減少する原因を検証

Ü0Ç0£0±0¢0’0Y0‹0sY'`一般的に加齢と共に女性ホルモンを分泌する卵巣の機能が低下することが原因です。いわゆる更年期障害の症状も現れます。

しかし、若い女性でも女性ホルモンの減少で体に変調をきたしている場合もあります。それは、ストレスや無理なダイエットが原因です。

無理なダイエットで肌が荒れたり、更年期障害に似た症状が現れたりします。生理不順、ひどくなると止まってしまうこともあります。

睡眠不足も自律神経がうまく働かなくなり、ホルモンバランスが崩れる原因。

女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増えてどんどんオス化が進行し、ひげモジャモジャになってしまうかも!(安心してください、多毛症で無ければ、それはないです)

加齢による減少は致し方ありませんが、減少のスピードを遅らせることは可能です。月並みですが、生活習慣の見直し、食生活の改善、ストレスの解消等を心掛けることが大切でしょう。

肌の老化を遅らせ、肌の若返りにも効果が期待できるとあらば、今から取り組んでみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文