スマホにまつわるこわい話


新型iPhone5s,5cの発売で過去最高の売り上げを記録したそうです。出遅れていたdも入荷が追いつくようになるとa社、s社を追い上げるかもしれませんね。

スマホにまつわるこわい話すっかり身近になったスマートフォンですが、ようやく基本操作に慣れたところで、使いこなすというより使われているといった方が良さげな状態です。

もちろんアップデートなんかまだまだしません。また初めから覚える暇がない… そのうちには次の世代が発売されちゃうかもしれませんしね。

英語圏の事ではありますが、近頃スマホにまつわる怖い話がささやかれているそうです。スマートフォンは美容によくないもので、使い過ぎると「スマホ顔」になってしまう……という噂です。

科学的な根拠があるのかないのか、その辺は怪しいものですが、気にはなりますね。

スマホ顏

「携帯操作のために下を向きつづけることで、首の筋肉が縮まり、顎がたるみ、二重あごのようになる」⇒ブスにみえる、これがスマホ顔だそうです。

なんでもイギリスの整形外科、ドクター・メルヴィン・パターソンが去年頃から使いだした言葉らしいとのこと。

スマホの使い過ぎで二重あごになる、ブスに見えると言うのは眉唾物かもしれませんが、美容に良くない、と言うのはうなづけます。

スマホは睡眠を妨げる

良く就寝の○時間前には照明を落として体を寝る体制に持っていくとよい、などと言われます。TVやパソコン画面は脳を覚醒させるので寝る直前まで見るのはやめましょう、と。

スマホの場合、布団の中まで持って行けるのが厄介なところ。スマホの画面は大きく明るいので眠りに関係するメラトニンというホルモンが減少して脳が覚醒し、なかなか寝付けなくなってしまいます。

スマホは睡眠を妨げる脳に絶え間なく情報と刺激を与え続けて睡眠を妨げるのでしょう。

睡眠は健康はもちろん、美容のためには不可欠のものです。質の良い睡眠をとるためにもスマホの操作は寝る数時間前からは避けたほうが良いですね。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文