不規則な食生活も毛深くなる原因


食事と毛深さにどんな関係が?と思いますよね。実は、バランスの悪い食事はホルモンの分泌や自律神経の働きををコントロールしている、視床下部と言う脳の一部分の働きに影響があるといわれています。

自律神経が乱れる⇒ホルモンバランスが崩れる⇒更に自律神経が乱れる⇒更にホルモンバランスが崩れる⇒という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

不規則な食生活を続けていると、女性ホルモンが多く分泌されるはずの女性が、男性ホルモンの分泌が多くなって男性らしさが協調⇒より毛深くなる、と言うことになりかねません。

朝食は食べる派?

珈琲だけの朝食朝食抜きの弊害、結構前から問題となっているので今更かもしれません。最近では、ダイエットに関して朝食の回数が話題になっていたりしますね。

食べないなら食べない、食べるなら食べる、が良いそうで、食べたり食べなかったりが一番太るのだとか。

ただし、これは体重の増加についての話。コ-ヒーだけ、ジュースだけで済ませたりしていませんか。

朝からたくさんは食べられない、食欲がないというのは自律神経が乱れているサインなのだとか。そう、ホルモンバランスも崩れるのです。

寝ている間は副交感神経が主に働いていますが、徐々に交感神経の働きが多くなり、体をしっかり動かせるよう覚醒させます。

朝食は交感神経を刺激し、脳を活性化、腸が動きだし朝のスッキリで自律神経のスイッチをオンにしているのです。

朝から食欲なんて…その原因は

夜遅い時間に暴飲暴食
遅くに脂っこいものや消化のわるいものを取る。大量に飲んだり食べたりしている。食べてすぐ寝る。これでは腸での消化がまにあわなくて、朝になっても胃がもたれたまま。

夜遅くまで起きている
食べ物を取っていなくても、副交感神経がうまく働かず、胃腸がきちんと動きません。その結果消化不良状態になるのです。

夜更かしや徹夜をすると便秘がちになるのは、このためです。

「朝はお腹がすいて目が覚める」のが正常な状態です。

年よりも若く見える方は皆、朝から食欲旺盛、そして良く笑います。若返りの秘訣は朝食にあり、も一つの真実かもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文