剛毛は暖かい地域に多い


住んでいる場所の気候によって、体毛に違いがあるというのは本当なんでしょうか。

動物は冬毛と夏毛が入れ替わるのが一般的ですが、冬毛は空気を溜め込んで体を寒さから守るために細く、柔らかく、夏毛は通気性を良くして熱を逃がすために硬く短いのが特徴です。

毛深いのは暖かい地域?さすがに夏毛、冬毛の入れ替わりはありませんが、人間も動物です。環境によって体毛に違いがあるらしい。

温かい地域に住んでいる人は北の寒い地域に住んでいる人よりも毛が硬く体毛が目立ちやすいという説があります。

また、暖かいと汗をかくので汗で皮膚がべとついたり、こすれて摩擦により皮膚が傷つかないように体毛が肌を守る働きをするので毛深い、という説もあります。

いずれにせよ、暖かい地域に住んでいる人の方が毛深かったり剛毛だったりすると言うのですが、人間の祖先が裸で暮らしていた頃を描いた絵などを思い浮かべるとたしかに毛深かったような…

祖先はアフリカにいましたね。樹の上で生活していた時は遮られていた直射日光が、二本足で歩くようになって体に直接あたるようになったため、発汗機関が発達して体毛が薄くなり、メラニン色素が増えたのだそうです。

と言うことは熱い地域では体毛は薄い?うーん、どちらなんでしょう。混乱してしまいます。

祖先がアフリカから寒い地域にも進出できたのは、他の動物が環境に適応した身体に進化したのとは違い、火を使ったり、衣服をまとったりと言った、知能で環境を克服していったからだと言われています。

体毛が寒さから身を守るように進化したわけではなさそうですね。

世界地図上にその国の人を思い浮かべてみよう

ちょっと中学生あたりに戻ったつもりで、大まかなイメージを浮かべてみました。

寒い地域の人と、暖かい地域の人の体毛をです。もちろん個人差は大いにありますけれど、イメージとしてやはり暖かい地域に住んでいる人の方がどちらかと言うと毛深い、のかなあ。なんて思います。

地域による体毛の違い地域による体毛の違い、なんていう研究がされているのかな、と思いちょっと調べてみましたが、専門的な情報はすぐには見つかりませんでした。

機会があったらじっくり調べてみると面白そうですね。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文