多毛症で毛深い?


全身毛深くて人知れず悩んでいる貴女。一度医療機関を受診してみては。まずは婦人科に行ってみましょう。ホルモンバランスが崩れているためなのかもしれません。

多毛症とはホルモンの影響によって異常に毛深くなる病気です。ただ毛深いだけではなく、いろいろな内分泌疾患の一症状として現れることがああるので、婦人科で診察を受けたほうが良いでしょう。

ひげが生えた!

多毛症が疑われるのは、女性には普通は生えない顔(髭)、胸、腹部・おへその辺り、背中、フトモモの内側、陰部の上側と言った場所に硬毛が濃く生えてきた場合です。

多毛症の原因

多毛症は男性ホルモン(アンドロゲン)が過剰に作られたり、男性ホルモンに対する反応性が高まって引き起こされます。


女性の男性ホルモンは卵巣と副腎(ふくじん)でつくられるので、卵巣あるいは副腎に疾患があった場合、多毛症になります。多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群が最も多い原因です。

薬剤が原因の多毛症もあります。副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬、免疫抑制薬のシクロスポリンなどは全身に投与するので、全身多毛になります。

ステロイド外用薬を使用した部位が多毛になります。

症状・治療応報

多毛症は毛深くなる意外に、にきび、壮年性脱毛症、月経異常、声が低くなるなどの症状も現れます。女性の多嚢胞性卵巣症候群では、性早熟、肥満などの症状もひきおこされます。
多能性卵胞症候群
卵巣、副腎、下垂体(かすいたい)などに原因がある時はその治療を行います。治療を行っても多毛が残っている場合や、特発性多毛(特に原因となる疾患がない)には、レーザー脱毛治療を行います。

多毛症と診断された場合は、医師の指示のもと治療を行うと同時にホルモンバランスを整える事もしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文