10代のムダ毛は無くすより隠す


金髪は目立たない白人女性って、肌がツルツルでとっても素敵に見えますが、実はけっこう毛深いようです。全身毛でおおわれている人の割合が結構多いんですよ。

でも、なぜツルツルに見えるのか、それは体毛が金髪で色素が薄いためわかりにくいからなのです。顔も近くで見ると、ワッと思うほど金髪の産毛が生えていたりします。

日本人は毛の色は黒、太くて硬いことが多いので目立ってしまうんです。カミソリなどで剃ると、チクチクしたり剃り跡が黒く見えたりします。

だったら、目立たなくすればとりあえず問題はなくなるのではないでしょうか。

特に10代で本格的な脱毛はまだ、でも毛深いのが嫌!と言う場合、見える部分の脱色も選択肢の一つです。

カミソリやシェーバーで剃る、と言う手もありますが、肌に刺激を与え色素沈着の原因にもなるし、アフターケアをきちんとしないと肌荒れ等のトラブルが起こることもあります。

脱毛クリームも薬剤を使って毛を溶かすので出来ればあまり使わない方が良いでしょう。

毛深くても目立たなければ気になりませんよ。まずは隠すムダ毛の処理、から始めても良いと思います。

毛深くても気にしないのが一番背中などは自分でするのは難しいので誰かに手伝ってもらいましょう。

勿論脱色も肌のケアをきちんとすることが大切です。

10代では毛深いことで深刻に悩みがちですが、貴女が思っているほど周りは気にしていません。毛深い~と言って村八分にされたりしませんよね。

もしも、騒ぎたてる輩がいたら、無視すればよいです。気にしない事、それがイチバン。

とりあえず毛深いムダ毛を薄くして目立たなくするだけでも気分がすっきりすると思うので、試してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文