ムダ毛の処理の方法は?


ムダ毛の処理方法について、おさらいをしてみましょう。大きく分けると自己処理と専門機関での脱毛があります。自己処理には、抜く、剃る、除毛、脱色があります。

自己処理

抜くには、毛抜、家庭用脱毛器、脱毛テープやワックスを使います。剃るはカミソリやシェーバー。その他除毛クリーム、脱色がありあります。

処理には痛かったり、時間がかかったりします。肌を傷つけてぶつぶつや黒ずみ、肌荒れの原因ともなるので注意しましょう。

自己処理について他の記事を読む⇒

光脱毛とレーザー脱毛専門機関での脱毛

医療機関での脱毛と脱毛サロンの脱毛があります。光脱毛とレーザー脱毛、ニードル脱毛がありますが、通う手間と脱毛する場所や範囲によっては高額になる場合もあります。

現在はレーザー、光脱毛が主流と言えます。ニードル脱毛はかなり痛いし施術者の腕によるところもあります。

ムダ毛の処理は十人十色

ムダ毛の処理とひとこで言ってしまうと簡単ですが、毛の質や体質によっても違うし、処理したい場所、どの程度処理したいのか、費用は、手間は、と考えると誰にでも当てはまるコレ!という方法はありません。

自己処理では肌トラブルが起きそうで嫌、手間が面倒、と思うなら専門機関での脱毛をおすすめしますし、手間は別に気にならないけどお金がかかるのはダメ、というのであればカミソリやシェーバーでの処理をおすすめします。

脱毛クリームや除毛クリーム等を使う場合は、意外とコストがかかることを忘れがちなので注意しましょう。クリームの購入費用は場合によっては結構な額になるかもしれません。

オススメは脱毛サロン

通う手間について、折り合いが付けられるのでしたら脱毛サロンの利用をおすすめします。

大手の脱毛サロンではアフターケアもしっかりしているし、何よりもキャンペーンを利用するとびっくりするくらいの価格で脱毛ができることもあります。

たいていの脱毛サロンではお試しが出来ますので、まずは無料カウンセリングでそのサロンの応対をたしかめ、体験して良かった続ける、という方法が賢い使い方だと思います。

脱毛サロンがオススメ体験に言ったら本契約をしないと帰してもらえない、クリーム等の販売がしつこい、というクレームは現在はほとんどありませんので心配は無用ですよ。

営業トークはあるかもしれませんが、必要ないとキッパリ断って大丈夫です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文