ムダ毛は抜く?剃る?


ムダ毛の自己処理はカミソリかシェーバーを使って剃るか、毛抜きで抜くかが主流でしょうか。他に脱毛クリームや、除毛剤の使用などもあるようです。

それぞれ長所、短所もありますが、いずれにせよ肌に刺激をあたえ、傷つけてしまうこともあり得ます。正しい方法で出来るだけ肌に負担をかけずに処理したいですね。

毛周期毛周期と言う毛の生まれ変わりのサイクルがあり、次の毛がまた生えてくるので自己処理は定期的にしなければなりませんし、長い間続けていると肌荒れやブツブツ、色素沈着と言った肌トラブルがおきやすくなります。

傷ついた毛穴がかさぶたを作り塞がってしまって出口がなくなり、毛が皮膚の下で伸びる埋没毛になってしまったり、毛穴の傷から細菌がはいり、炎症を起こし湿疹ができて痛みやかゆみがある場合もあります。

毛抜きで1本1本抜く

痛みも強く毛穴を傷めやすいですし、相当根気のいる作業です。毛が途中で切れてしまうこともあります。毛穴が刺激を受け、肌の防御機能が働いて体毛が濃くなる、とも言われているようです。

メリット    :即効果、費用0、次の毛が生えてくるまでが剃るよりも長い

デメリット:根気がいる、肌への負担が大きい、埋没毛や色素沈着の原因になりやすい

剃る

カミソリでの自己処理が一般的かと思いますが、肌への接触面が広く、剃る頻度も多くなるのでカミソリ負けやブツブツ、黒ずみの原因になりやすいと言えます。

シェーバーの方がいくらか刺激は少ないですが肌にダメージを与えることに変わりはありません。

剃る前に蒸しタオルで肌をやわらかくしたり、シェービングクリームを使う、剃った後のケア、特に保湿をしっかりするなども大切です。

清潔でよく切れる新しい刃を使うことも忘れないでください。良く切れない刃や古い刃では肌を傷つけやすく、細菌などが入ってしまう可能性があります。自己処理は黒ずみや埋没毛、ぶつぶつの原因に

メリット  :手ごろな価格、使いやすい、簡単

デメリット:肌を傷つけやすい、断面が黒く見える、毛抜きよりも頻繁に自己処理が必要

剛毛だと剃った後に伸びた毛が下着などを貫通してチクチクしたりすることもあるようです。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文