脱毛はいつするの?逆算の法則


脱毛サロンで脱毛した人に始めた時期を聞いてみると、圧倒的に多いのが初夏、です。ノースリーブでわきが露出するので気になるから、というのが一番多い理由でしょう。

わきが気になるノースリーブ料金も「目玉」としてキャンペーン等かなりの安さで手軽にできることもあり、脱毛した部位もわきが圧倒的に多いです。

その他バカンスで肌の露出度が大幅にアップするので気になる腕やあし、背中といった部位やデリケートゾーンの脱毛をする割合もおおくなります。

6月位から始めれば、夏には綺麗になっている、というイメージを持っているのでしょうね。

でも、ちょっと待って!

それではあまり効果はみられないんですよ。

毛は一度処理して綺麗にしたとしても、しばらくすればまた次の毛が生えてきます。カミソリなどでの自己処理、定期的にしないと意味がないですよね。

脱毛サロンの脱毛も同じです。それは毛周期という毛の生え変わりのサイクルがあるからです。

脱毛:逆算の法則

脱毛サロンの脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応させるのでメラニン色素がない休止期にはムダ毛の処理は出来ません。つまり、メラニン色素に反応する成長期に脱毛をしないと効果を得ることは難しいのです。
毛根の構造
わき、腕、脚などは約7割から8割は休止期の状態。更に一度に処理できる範囲も限られるので一回の脱毛ではまた次の毛がはえてきてしまいます。

一般的に1ヶ月ほど立つと産毛のような細い毛が生え始めます。産毛には反応しにくいので、ある程度育って黒くならないと脱毛の効果は得にくいです。

6月ころに脱毛した場合、とりあえず夏休みあたりにある程度の脱毛効果はあるかもしれませんが、気休め程度と考えたほうが良いのではないでしょうか。

脱毛サロンの脱毛には2,3ヶ月間隔で数回通わなければ満足できる効果は期待できないでしょう。

最短でも半年前が始めどき

これを逆算していつ始めたら良いかを考えると、夏にある程度綺麗に脱毛したい場合は一般的には前の年の秋から冬にかけた頃に始めるのがおすすめとなります。

剛毛だったり、全身を綺麗にしたい場合は更に前から始める必要があるのです。

また、脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではありませんので、1年くらいかけてもその効果が持続するとは限りません。

最近では回数無制限、期間限定なしと言ったプランもあるので貴女が満足できるまで脱毛したい場合、そのようなプランを選ぶことをおすすめします。

どなたにも当てはまるわけではありませんが、一般的に2年~3年かけて処理すると、ほぼ永久脱毛と同じような効果が得られます。

生えてきても気にならない程度、あるいは2,3本ですぐに処理できる程度に脱毛することが可能です。

毛周期

休止期
毛が抜けてから次に生えてくるまでの期間毛周期
成長が止まった毛は、毛穴の中で浮き上がったようになるので簡単に抜けてしまいます。そして次の成長期に向けた準備が始まり成長期に入ります。

成長期 
今ある毛が伸びている状態の期間
毛根の下にある毛乳頭と呼ばれる部分から毛を作る毛母細胞に栄養が送られ、活発に分裂し始めると皮膚の下で毛が成長し、さらに皮膚の上にはえて伸びていきます。

退行期
成長がとまり、毛が抜けるまでの期間
毛母細胞の分裂が低下して毛穴がすぼまり毛根が上へと押し上げられ、毛乳頭から栄養をとれなくなり成長が止まります。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文