サンドイッチ、ファストフードは中身がキモ


手軽に食べられて重宝なサンドイッチやハンバーガー類ですが、バターやマーガリン、マヨネーズなど高脂質の食品が多く使われています。

中身もソーセージやツナ、揚げ物が多く使われているので油に偏りがちなメニューとも言えます。

更に栄養バランスも偏りがちなので牛乳や野菜ジュース、トマトジュースなどを一緒に野菜ジュースや牛乳を追加飲むと良いでしょう。

紅茶やコーヒーはブラック、炭酸飲料や砂糖入り飲料は避けましょう。

ファストフードでは、シェイク類やフライドポテトは高エネルギーなので避けるのが無難です。

サンドイッチ

野菜サンド 440kcal タンパク質不足。牛乳をプラス。
ミックスサンド 420kcal  ”   牛乳や野菜ジュースをプラス。
ローストビーフサンド 440kcal 野菜がやや不足だが、バランスは良い。
クロワッサンサンド 490kcal 脂質が多く、タンパク質不足。
バゲッドサンド 470kcal バランス良いが脂質が多い。野菜不足。

トースト

トースト 690kcal 野菜が全くない。
チーズトースト 580kcal タンパク質あり、脂質オーバー、野菜不足。
フレンチトースト 710kcal 高カロリー、野菜不足。

ファストフード

ハンバーガー 250kcal 野菜サラダ、牛乳か野菜ジュースを。
チーズバーガー 300kcal タンパク質あり、野菜不足。 ”
てりやきバーガー 350kcal 高カロリー、野菜不足。
フィッシュバーガー 350kcal 脂質オーバー、野菜不足。 ”
チキンフィレバーガー 450kcal 高カロリー、野菜不足。

ナゲットやフライドポテトなどのサイドメニューは脂質が多いので避けたほうが無難です。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文