ディナーは気を使って!


夕食が外食になる場合カロリーは高めになってしまいますが、一日くらいと自分に甘くなってはいけません。が、独りだけ「カロリーが…」と周りのひんしゅくを買うような食べ方もご法度です。程々、上手に食事を楽しむことも大切です。

和食コース料理コース料理は要注意

コース料理は高エネルギーのものも多く、メニューによっては一日分のエネルギーを摂ってしまう場合もあります。

できれば同席者には「ダイエット中なんです」などと少食の理由をあらかじめ話しておけると無用な気使いなどを避ける事ができるのですが、難しい場合もあるでしょう。

特に招待された場合は、周りに不愉快な思いをさせない気配りを忘れないようにしてください。

和風メニュー
一品はさほどカロリーがなくても種類が多いのでエネルギーオーバーになる可能性が高いです。またトータルのカロリーがわかりにくいので、なるべく野菜料理をメインにして、油っこい料理は避けましょう。

鍋物も野菜を主体に取ると良いでしょう。

洋風メニュー

和食より更にカロリーは高めです。前菜やメイン等選べる場合は野菜、コンソメ、あっさりした味付けの魚料理、デザートは果物のように選ぶと良いでしょう。

中華・朝鮮メニュー

焼肉コース料理

こちらも高カロリー。大皿で提供されることが多いのでなるべく取り分ける回数を押さえましょう。

取り皿もメニューごとにかえ、お皿に残った余分な油を摂らないよう気をつけることも大切です。

寄せ鍋 790kcal 鍋のさかなや肉を食べたら、刺し身や焼き魚を残す。逆でも可。
しゃぶしゃぶ 1100kcal 高カロリーなので注意。
松花堂弁当 740kcal 意外とカロリーはあります。
ミニ懐石 880kcal タンパク質や野菜を中心に食べましょう。
牛肉の赤ワイン煮 1620kcal タンパク質、脂質の取り過ぎになるので、バターやドレッシングは避ける。
舌平目のムニエル 1390kcal バターや油が多い。デザートは避ける。
中華コース 990kcal 揚げ物、炒めものに注意しましょう。
焼き肉 1050kcal タレに注意。つけすぎ、つけたしはやめる。
スープ類 100~240kcal 冷製クリームスープ、ミネストローネが野菜もとれおすすめ。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文