中華系は高カロリー


中華料理系は見た目よりも油が多く使われています。またご飯の量も多めなのでカロリーのとりすぎにつながりますので注意しましょう。酢豚定食

野菜がたっぷり使われていて栄養バランスの良いメニューも有りますが、塩分とカロリーには注意が必要です。

油をたっぷり吸った汁、スープは残すほうが良いでしょう。ご飯は残すようにしましょう。

チャーハン 730kcal 栄養バランスがあまり良くない
天津丼 860kcal 全体の3/5を食べる。野菜がやや不足
麻婆丼 940kcal 全体の3/5。麻婆定食の方がおすすめ。野菜不足。
野菜炒め定食 620kcal タンパク質が不足。
肉にら炒め 860kcal バランスは良い。ご飯1/2を食べる。
酢豚定食 710kcal ご飯3/4。ばら肉の場合はできるだけ残す。
 八宝菜定食 750kcal  ご飯3/4、バランスが良いが脂質が多いので注意。

チャーハンはバランスが良くないチャーハンは炭水化物と脂質が多いので、カロリーは多くなりますが、五目チャーハンやエビチャーハンを選ぶと栄養バランスが良いです。食べる量は減らしましょう。

かにチャーハンは普通のチャーハンと栄養バランスがにており、タンパク質がやや不足します。

中華麺はそばやうどんよりエネルギーが高いです。、

定食はおすすめですが食べ過ぎに注意!

中華の定食はいろいろな食材が使われ、野菜も多めが多いので栄養バランス的にはおすすめのメニューです。

しかし、味が濃いめのものが多く、食が進むしボリュームも多いので食べ過ぎにご用心!

中華料理には油が必ず使われていると考えて食べる量を調節しましょう。塩分にも注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文