埋没毛~剛毛の宿命


ちょっと大げさですが、剛毛であるがゆえの悩みは多いです。例えば、Vラインの自己処理をした後しばらくするとチクチクするんですよ。伸び始めた毛が、下着の上に突き出てくる…

埋没毛処理をする時も力が入ったり、2度3度と刃をあてるので、肌が傷つきやすいです。肌がブツブツしたり色素沈着をおこして黒ずみができたり。太くて強い毛は埋没毛もできやすいのだとか。

埋没毛はなんだか汚らしいし、気になるのでついほじくり出してしまいがちですが、トラブルのもとになりやすいのでやめたほうが良いです。

(熱して消毒した針でつついて取り出したことがあるのですが、炎症を起こして腫れてしまいました。)

埋没毛はなぜ出来る?

埋没毛は毛が皮膚の下でうねうねと伸びてしまった毛です。毛穴が塞がっていて外へ出ることが出来なくなっている状態で伸びています。

毛穴が塞がる原因は、自己処理で皮膚を傷つけたこと。毛穴の傷がかさぶたや癒着でふさがったため、出口がなくなってしまうのです。

抜いたときに切れた毛の先端が毛穴を傷つけることもあるようです。

柔らかい皮膚で生えている方向がまちまちな場所も埋没毛になりやすいです。

わきやVラインに埋没毛が出来易いのは、皮膚が柔らかく動いたときなどにシワになって皮膚が圧迫されるので毛が外に出にくいからだそうです。

その上生えている方向がばらばらなので、肌が傷つきやすいことも原因となります。

埋没毛の処理

放っておくのが一番良いのですが…

そのままにしておいてもしばらくすると分解されてなくなりますが、色素沈着する可能性もあります。それにやっぱり気になりますよね。

入浴時に毛穴ケア入浴時など、肌が柔らかいときにそっとこするという手もありますが、摩擦は新たなトラブルを引き起こしかねません。

クレイ洗顔料を使って、刺激をしないように埋没毛の周りをマッサージするように洗っていたら、それが良かったのかどうかはわかりませんが、出てきました。

一番良いのは脱毛です。埋没毛もレーザーや光に反応するので毛根から取り出すことが可能です。しかし、一度で効果があるとは限りませんん。何度か照射を繰り返す必要はあるようです。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文