自炊に覚えておきたい栄養の基礎知識


コンビニや外食に頼ってばかりいてはお財布にも身体にも負担です。

自炊は難しい、と思って諦める前に少しずつ挑戦してみませんか。まずは栄養の基礎知識から。

家庭科の授業を思い出しながら確かめてみてください。

1日に必要な3色の栄養素

栄養素 食品 1日の目安量 不足すると…
タンパク質・血や肉になる 肉・魚・豆など 魚介または肉:約100g 豆腐、納豆など:約50g 牛乳・ヨーグルトなど:約250g 卵1個(約50g) 骨がもろくなる、筋肉がつかなくなる、貧血になりやすい
炭水化物と糖質・エネルギーになる 米、パン、麺 米やパン、麺の材料の穀物:約180g イモ類:100g 砂糖:20g 油脂:20g 気力、体力が衰える
ビタミン類、ミネラル類・体の調子と整える 野菜、海藻、果物など 野菜:300g 海藻類、きのこ類:20g 果物:200g 自律神経のバランスを崩す、風邪をひきやすい、肌荒れ

身体に必要な栄養素を3色で表したシンプルな食品分類法です。

1日30品目の摂取が望ましいのですがなかなか難しいものです。1周間単位で考えてこの3色をバランス良く食べているか確認しましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文