疲れを今すぐ撃退する方法(2)


更年期障害: 血流を良くする、交感神経の緊張を和らげるために身体を温める。

最近では、男性の更年期障害も認知されてきましたが、かつては「なまけ病」などと嫁いじめの対象となっていたことがあるくらい、女性とは切っても切れない病気です。

更年期障害も女性の疲れに関わります。一般的に言われる症状はのぼせ、極度の疲労、倦怠感、イライラ等ですが一人ひとり様々な症状が現れます。

身体と心の不調が実際に現れ、重症になると日常生活に支障がある場合もあります。

更年期障害は女性のバイオリズムにより、閉経前後の約10年間卵巣機能が低下してエストロゲン等の女性ホルモンが減少することが要因となっています。

ストレスはためない、うまく解消する工夫を忙しいと交感神経g優位で筋緊張が起こる

エストロゲンの減少はやむを得ないことですが、そこにストレスが加わると症状が悪化するので、ストレスをためない、うまく解消すると言ったことが大事です。

根が真面目な人ほど更年期障害の症状が重いケースが多いのは、ストレスを抱え込んでしまうからとも言えます。

「好い加減」の生き方をすることも大切ですね。

仕事をしていると交感神経が優位になり、筋緊張が起きていますが、忙しい時は一日中その状態で過ごすようになり、夜になっても疲れが取れません。

病気の前触れに注意

睡眠中に肩がこる、腰が重い、足や指がつる、といった症状が現れてきたら、根幹神経が緊張してかなり疲れている状態です。

入浴でリラクゼーション病気になる前触れ、といってもよいでしょう。軽い運動やストレッチをして身体を温める、入浴でリラクゼーションをする、アロマをたく、等で副交感神経を優位にする工夫をすると良いでしょう。

たまには家事など、手を抜いてこころと身体を休めることも必要ですよ。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文