薄毛と剛毛~ないものねだり


「お年ごろ」の女性の話題といえば、肌の乾燥と髪の毛について、が多いような気がします。どちらも忍び寄る【老化】への恐怖!

薄毛はボリュームがなく、見た目で損乾燥肌は若い子でも一番の悩みのようですが、ストレスや生活習慣に起因する場合もあり、まさに現代ならではの悩みかもしれません。

そして、髪!薄毛か剛毛か、どちらかの悩みと言えるかもしれませんね。いずれにせよ髪のアンチエイジング、見た目の若返りに関わっています。

薄毛

  • 髪が細くてコシやハリがなく、ぺったっとしてしまいがち。特に頭頂部のボリュームがでず、見た目でも老けて見えて損です。
  • 一方、白髪染の必要がない人も多いです。カットやパーマ、ヘアスタイルである程度見せかけのボリュームを出せますが、持続しないのが難点といえます。

剛毛

  • ボリュームはたっぷりなので、高齢となっても見た目が若く見えます。若いうちはまとまらず、ヘアスタイルやカットに苦労しているかも。
  • 技術のないスタイリストさんに当たったら、もう災難と諦めるしか無いかもしれませんね。剛毛を熟知したスタイリストさんを見つけたら大事にしましょう!

髪の毛のアンチエイジングシャンプーなどは綺麗に洗い流す

髪の毛は薄毛でも剛毛でも、頭皮ケアをしっかりすることが大切です。頭皮が健康なら薄毛なら育毛、剛毛なら製毛のケアがより効果的に出来ます。

顔のスキンケアと一緒でまずは毛穴をきれいにしましょう。シャンプーやトリートメントは使用後にしっかり洗い流すことも大事ですよ。

体毛のケア

体毛が薄毛で悩んでいる、という話は殆ど聞きませんが…剛毛での悩みは数えたらキリが無いほどあるかもしれません。

体毛には本来【ムダ毛】は無い、ということを踏まえて美容上の観点で処理を考えると良いでしょう。体毛のケア、というよりも日常的なケア、そして処理後のケアをきちんとすることが大切だと思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文