貴女に必要なカロリーはどのくらい?


できる女は外食が多くなりがち?

外食のカロリーなかなか毎日手作りお弁当も大変だし、社員食堂が充実している企業はなかなかありません。仕事の都合でお昼は外食や買い弁が主体になってしまうこともあるでしょう。

そこで気になるのは外食や買い弁のカロリー。外食のカロリーについて、おおよその目安がつくとダイエットにも使えるし、健康や美肌にも悪いことはありませんね。

最近の買い弁や外食はカロリーや栄養バランスを考えたメニューも増えていますが、選び方に注意したり、一品加えたりする工夫もすると良いですよ。

お昼に食べたものでは不足する栄養を夜に補う、昼のカロリー摂取量から夜の献立を考える、そんな習慣をつけて、健康で美しい貴女でいてください。

まずは、貴女に必要なカロリーがどのくらいなのか、おおよその目安を知ることが大切です。

貴女に必要なカロリーを計算してみましょう。

業務内容によっても違ってきますが、デスクワーク中心のOLでしたら標準体重1kgあたり25~30kcal の範囲が一日に必要なエネルギーと言われています。

標準体重 ✕ 25 = 一日の必要エネルギー

* 20歳以下の場合は200~400kcal 成長に必要なエネルギーとして加えてください。

これを目安に外食や買い弁のカロリー量を計算しながら選ぶと良いでしょう。

大まかな目安なのであまりカロリーばかりに気を使うのではなく、一日のトータルで考えてバランス良く栄養を摂るように工夫して見ましょう。

カロリー量や栄養のことばかりを考えた食事、というのも味気ないものです。考えつつも食を楽しむことも大事でしょう。

食事内容で注意したい4つのポイント

塩分は控えめバランスの良い食事

  • 外食は味が濃い⇒塩分が多めです。最近では薄味のメニューも増えているので意識して薄味になれるようにすると良いですね。
  • 一般的に健康な人の塩分摂取量は一日10g未満が推奨されています。

脂質のとりすぎに注意

  • 脂質は高エネルギー(タンパク質や炭水化物の約2倍)なので肥満の原因にもなります。動物性脂肪、植物性脂肪の両方をバランス良く摂りましょう。

ビタミン、ミネラル、食物繊維を十分に摂る

  • 体調を整えるためにもこれらの栄養素が不足しないようにしましょう。主に野菜に多く含まれていますが、どの食品にも含まれているので、多くの食品をまんべんなく食べることで十分摂ることが出来ます。

バランスの良い食事

  • 三大栄養素をバランス良く摂り、微多面やミネラルも必要な量を取れるようにしましょう。
  • 三大栄養素のバランスは一般的にタンパク質13~20%、脂質20~25%、残りが炭水化物です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文