鉄、足りてますか


健康診断の貧血検査は赤血球に含まれるヘモグロビンの値などを基準にしています。

体内に分布している鉄の70%が赤血球に含まれており、赤血球のヘモグロビンは余程の鉄不足がないと減らないので表面上は貧血という結果は出ません。

実は、女性の多くは潜在的な鉄不足、と言われています。貧血t検査

鉄が不足するとまず使われるのはフェリチン(貯蔵鉄)と呼ばれる鉄です。このフェリチンの値が少ない状態が潜在的な鉄不足ということです。

女性は潜在的な鉄不足

女性は生理で毎月一定量が減ります。汗や尿、便、皮膚の代謝などでも排出されるので鉄不足になりやすいのですが、ほとんどの場合自覚症状はありません。

鉄は赤血球を作ったり、体内に酸素を運ぶ働きをしています。鉄不足は疲れやすかったり貧血になったりします。

その他にも頭痛、めまい、手足の冷え、うつ、動悸、息切れと言ったいわゆる不定愁訴のほとんどは、潜在的な鉄不足が原因とも言われています。

抜け毛が多い、あざができやすい、朝おきるのが辛いといった症状も鉄不足が原因かもしれません。

閉経後も鉄は重要!

閉経したら鉄はさほど必要なくなるか、といえばそうではありません。鉄不足による疲労感、不定愁訴などの不調は更年期障害と重なります。

閉経前後にも十分な鉄を摂らないと更年期障害の症状が悪化する可能性があります。

鉄を効率よく摂るには?

ほうれん草は非ヘム鉄鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。植物性食品に含まれる非ヘム鉄は吸収率がよくありません。動物性食品に多く含まれるヘム鉄は非ヘム鉄の5~10倍も吸収されます。

ほうれん草やひじきなどの植物性の鉄よりも肉、魚、卵等動物性食品を積極的に摂りましょう

*ヘム鉄    : タンパク質と結合している。 吸収率 2~5%以下

*非ヘム鉄: タンパク質と結合していない。 吸収率 15~25%

植物性食品に含まれる非ヘム鉄は、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂ると吸収率が高まるのでメニューを工夫するとよいでしょう。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文