すわ 地震!防災意識


先日の地震、いつもと揺れが違うし長かったですね。思わず着替えようかと思ったほど。パジャマ姿で避難するのは嫌ですもの。

幸い実害はありませんでしたが、翌日のホームセンター等では防災グッズの売上が増えたそうです。防災意識を高める効果は合ったようですね。

日頃から地震対策について最低限これだけは用意しておきたい、注意したいということを確認しておきましょう。

地震が起きたらまずする3つのこと

火を消す

火災防止のためにすぐに火を消しましょう。ただし大きく揺れている場合は、やけどのおそれがあるので揺れが収まってからにしましょう。たいていの場合間に合います。

万が一火がでても天井にまで届くほどになっていなければ消化器などで消すことが出来ます。

逃げ道の確保

地震のあとは建物が歪んだりしてドアや窓が開かなくなることも。なるべく早くドアや窓を開けて外へ逃げられるようにしましょう。

玄関まわりは整理整頓を心がけいざというときに邪魔にならないようにしておくことが大切です。

身を守る

慌てて外に飛び出すことも危険です。家具などが倒れてきたり照明が落ちてきたりすることもあるのでまずテーブルなどの下にもぐりクッションなどで頭を守りましょう。

避難時の注意点

  • ガスの元栓を閉める、ブレーカーを落とす。ガス漏れや過熱、ショートなどで火災が発生しないようにします。
  • 一時避難場所に行きます。普段から場所と道筋の確認をしておきましょう。広域避難場所もどこにあるのか確認しておくと避難が長引いた時などに役立ちます。
  • エレベーターなどは使わず歩いて逃げましょう。ブロック塀や自動販売機、看板等倒れやすいもの、落下物に注意してください。

地震の備え

食料の備蓄: ペットボトル3本程度の水、レトルト食品、缶詰、クッキーやせんべいなど日持ちフル乾燥した菓子等。

防災グッズ: 卓上用コンロとボンベ、携帯ラジオ、懐中電灯、電池、軍手、ウェットティッシュ、45㍑以上のゴミ袋(水を入れられます)

その他家具の転倒防止、食器棚の扉にカギ、重いものは上においたりしまわない、玄関や廊下に背の高い家具をおかない。

 

建物が歪むほどの大きな地震に見舞われたら、まずは落ち着いて火事を出さない処置、逃げ道の確保が大切です。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文