タンパク質と成長ホルモンの関係


成長ホルモンは女性の美容と健康に欠かせません。成長ホルモンは骨や筋肉などの成長、代謝のコントロールをする作用があり、成長期にたくさん分泌されます。

その他にも体脂肪の分解を防いだり、皮膚の修復をする作用もあることはあまり知られていないかもしれませんね。

美容と健康にも関係する成長ホルモンは、大人になってからはあまり分泌されなくなります。

睡眠不足やタンパク質の不足と言った状況が重なると更に分泌が減少してしまいます。

成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠中それもいわゆるゴールデンタイムと呼ばれる10時タンパク質と成長ホルモンの関係から2時くらいの間です。夜更かしをしているとただでさえ少なくなっている分泌量がもっと減ってしまいます。

現代社会ではなかなか10時、11時に就寝と言うのは難しいかもしれませんが、せめて12時前には眠りにつきたいですね。

覚醒してしまうので、可能な限り10時を過ぎたらTVやパソコン、スマホなどのスイッチはOFFにしましょう。

寝る前のタンパク質

寝る前に何か食べる、と言うのは良くないと思いがちですが、成長ホルモンの材料となるタンパク質をしっかり摂ることで成長ホルモンの分泌を助けましょう。

成長ホルモンの材料となるのは、燃焼系のアミノ酸、アルギニン・オルチニン・リジンと言ったタンパク質です。これらが不足していては睡眠中に成長ホルモンは増えません。

また、タンパク質は、睡眠を促すメラトニンというホルモンの材料でもあります。しっかり摂る、といっても勿論ガッツリ食べてはダメですよ。

少し食べることで血糖値を安定させて、睡眠ホルモンも成長ホルモンも分泌しやすくなる、というわけです。

おすすめの食べ物は

寝る前のちょい食べタンパク質などです。

寝る前にちょこっとタンパク質を食べ、綺麗になりましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文