ニオイは引き算で


デオドラントに気を使う現れか、消臭用のグッズはありとあらゆるものに有りますね。最近は無香料のものも増えてきています。

足し算のニオイ

臭い、と感じるから消臭にハシルわけですが、ニオイを消すためにニオイを足すものもあります。

良い匂いで臭さをごまかしてしまおう、というわけですがこれは考えものです。せっかくの良い匂いが臭いにおいと交じり合って、別の臭さになりかねません。

今はあまり出くわしませんが、加齢臭や酸化臭をあとづけの香り、化粧水や香水、整髪料といったものでごまかそうと異様なニオイをプンプン振りまくおばさま、おじさまも居ました。ニオイの足し算

本人は自分のニオイに鈍感になりますから、どんどんニオイがきつくなる… そこまでいかなくても、ニオイの足し算をしている人は多いと思います。

重要なのはニオイの引き算

皮脂や汗のニオイ、加齢臭、酸化臭はまず清潔にしなければニオイのもとはなくなりません。

香りを足し算してごまかすのではなく、まずはニオイのもとをなくすことからはじめましょう。

毎日入浴(できれば湯船に使ったほうが良いです)するのは基本として、汗を書いた時はこまめに拭き取ったり洗ったりしましょう。

入浴出来ない場合は、シャワーを浴びる、全身をこまめに拭くだけでも習慣に。制汗剤は清潔にした後に使いましょう。

香る衣服

汗で香りがアップ、とかずっと香ると言った商品が沢山出回っているのもデオドラントを気にする現れでしょうか。

しかし、香りをつけすぎてかつての香水プンプンおばさまと同じになっていないでしょうか。

ほんのり香る程度で十分です。洗剤の本来の目的は衣類の汚れや皮脂、汗などを落とすことです。デオドラントに力を入れるあまり本末転倒になっては行けません。

洗濯はこまめに、しっかり洗ってしっかり乾かすことが基本の基であることを忘れずに。

ニオイケアの王道

ニオイの引き算、つまり身体がニオウような生活をあらため、しっかり洗い殺菌する。そしてほんのり匂う、ニオイの足し算をしましょう。

ニオイを味方にする

無臭にこだわり過ぎるのもどうでしょう。例えば自分の脱いだ衣服などを嗅いだり、食品のニオイを確かめたりしませんか。

自分のニオイを知っていれば、いつもと違うニオイがしたら、もしかしたらどこかに不調があるのかもしれません。食品のニオイをかぐことで鮮度や異常を知ることもできるでしょう。季節のニオイ

季節のニオイを感じるのも至福のときかも知れません。ふと嗅いだニオイが昔の記憶を呼び覚ますことだってあるでしょう。

本来のニオイを大事にしつつ不快なニオイは取り除くと言った。状況に合わせたニオイとのつきあいかたをしたいものです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文