創傷治癒に貢献するマクロファージ


マクロファージには傷んだ組織の掃除と再構築をする働きもあります。

例えば傷ついて出血した皮膚の壊死した組織や残骸を食べて綺麗に掃除をし、その後血管の新生を促します。そうやって創傷治癒に大きな役割を持っているのです。

応援傷ついた組織にいるマクロファージと、応援しに来たマクロファージがせっせと働いてくれるお陰で傷が治る、と考えてみましょう。

しかし、加齢でこのマクロファージの数がどんどん減っていきます。若い人では応援に来るマクロファージの数のピークは七日めですが、高齢者では84日後!

高齢者の傷が治りにくい原因の一つです。

マクロファージはストレスにももろい

ストレスは健康や美容、心にも悪影響を与えますがマクロファージは特にストレスに敏感に反応して力が弱まってしまいます。

マクロファージが身体の自然治癒力、免疫力に大きく関わっているということは、身体の中のマクロファージを元気に保てば、病気になるリスクや、傷が治りにくい問題も改善できるのではないかと研究が進められています。

マクロファージをパワーアップさせることができれば、ストレスは勿論、加齢による減少なども怖くない!そんな研究を続けてきたチームが発見したのがLPSと言う細菌の一つの成分です。

LPSはごく身近にあります

このLPS,実は身の回りにたくさん有りました。LPSは主に土壌に含まれているので野菜や果物、穀物などに必ずついています。

風で土が舞い上がれば、空気の中にも含まれることに。つまり、知らず知らずLPS を普段から摂取している、ということ。気付かなかっただけなんですね。

自然のものを自然に取り入れることで自然治癒力、免疫力を保って来たのかもしれません。

しかし、現代では様々な要因からストレスも多くなり、自然に取れるLPSだけではマクロファージの元気を取り戻すのは難しくなってきているのかもしれません。

脱毛処理後の肌トラブルにも有効?

ワキの黒ずみを解消創傷治癒に大いに貢献するマクロファージを活性化させる物質、LPS。ムダ毛の自己処理で荒れたり黒ずみが出来たりした肌の修復にも大いに期待が出来そうです。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文