女性ホルモンと毛穴の関係


女性ホルモンと毛穴には深い関係があります。
女性ホルモンの変化、バイオリズム(生理の周期)は毛穴と密接にリンクしあっているのです。

生理前に肌が脂っぽくなったり、不調を感じるのは黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になるためです。生理後はエストロゲン(卵胞ホルモン)が優位になり肌が綺麗に見える時期となります。

女性ホルモンのバイオリズムと毛穴の変化

排卵 生理前
(約14日間)
生理
(約5日間)
生理後
(約5日間)
エストロゲン ピークから
急降下
減少 優位 上昇
プロゲステロン 上昇 優位 落ち着く 落ち着く
肌の状態 徐々に下降 オイリー、
詰まり
貧血、
免疫力低下
絶好調
毛穴 下降 悪化 2日目より改善へ 絶好調

生理前や生理中ののムダ毛の処理を避けたほうが良いのは、女性ホルモンの影響で肌の状態が良くないため、トラブルが起きやすい、ということですね。

;-)デートや勝負日は生理後のエストロゲンが上昇して肌が綺麗に見えるときに設定しましょう!

  • 毛穴が引き締まっている生理後の5日間は勝負の日
  • 肌に潤いがある
  • 皮脂の過剰な分泌は収まる
  • ターンオーバーのリズムも正常

という状態です。この期間を有効に使わない手はありません。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文