女性ホルモンのバランスが乱れる原因


女性ホルモンは加齢で減っていくのは防ぐことはできませんし、様々なストレスでも減っていきます。

そして、女性ホルモンのバランスが乱れるとこころと体に不調を感じることが多くなります。

ホルモンバランスが乱れる4つの原因

更年期ストレスも原因の一つ

  • 加齢とともに女性ホルモンは少しずつ減っていきます。その影響で様々な不調が現れるのが更年期障害です。
  • 更年期に栄養が不足していると、症状が悪化することもあります。

低栄養

  • 女性ホルモンの原料となる栄養を食事から十分に摂れないと女性ホルモンも不足します。

糖質過多

  • 糖質はエネルギーとなる栄養素の一つでごはん、パン、麺類、砂糖などに多く含まれていますが、取り過ぎはホルモンバランスを見出します。

ストレス

  • ストレスは女性ホルモンのバランスの乱れにも影響します。多忙やショックなことなどで生理が遅れたり、止まったりしたことはありませんか。
  • ストレスは栄養も消耗されやすいのです。

バランスを整えてこころと体を元気にする方法は色々考えられますが、身近でだれでもできるのが栄養バランスを整えることです。

女性ホルモンの働きを補う栄養を加える、ストレスに負けない栄養素を摂ることで不調を改善していきましょう。

現代人の食生活

糖質過多も原因の一つ主食(ご飯、パン、麺類など)だけ、スイーツ、スナック菓子、清涼飲料水をよく食べる。明らかに糖質過多です。

糖質は三大栄養素、炭水化物、タンパク質、脂質の中の炭水化物から食物繊維を取り除いたものです。

朝食抜きや主食だけ、と言った食生活では栄養不足も問題となります。

こういった食生活では糖尿病、PMS(月経前症候群)、低血糖症などの原因になりかねません。

発症しないまでも体や心の不調が現れやすくなります。特に外食が多い場合は注意しないといけません。

貴女の食生活、大丈夫ですか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文