女性ホルモンを増やすには


ホルモンはバランスがとれていることが重要ですが、30歳ころから減少する女性ホルモンについて考えてみましょう。

思春期に少女から大人へ変身するのに重要な役割を果たす女性ホルモンですが、安定期を過ぎると徐々に減少し始めます。

大豆イソフラボンで女性ホルモン更年期へと向かっていくことは生理学上さけられないことです。

肌が乾燥したりトラブルが増え、抜け毛や薄毛、あるいはひげや胸毛などに悩むことさえ起きてきます。

減少し続ける女性ホルモンの分泌を活発にするためには、日常生活で睡眠不足、ストレス、などの改善が良いとされています。

また、女性ホルモンに似た働きを持つ食べ物を積極的にとることもおすすめの方法です。

よく言われるのが、大豆です。大豆のイソフラボンという成分が注目されています。

大豆の力

大豆に多く含まれているのがびたみんB群、ビタミンE、大豆イソフラボンです。中でも大豆イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンによく似た性質を持つことで知られています。

エストロゲンは美のホルモンといわれるように、肌をきれいにしたり、丸みを帯びて女性らしい体にする働きを持っています。

余談ですが、脱毛後の黒ずみの解消にも効果があるそうですよ。美白効果も持っているのです。

更に肌の潤いを保つ保湿作用、肌の生まれ変わりのサイクルターンオーバーの改善にも期待が出来ます。

なんと、バストアップ効果も報告されているようです。mune_kintore

更に、さらに、大豆イソフラボンにはダイエット効果まで!

大豆イソフラボンで期待できるダイエット効果

  • 食後の血糖値の上昇を予防
  • 体内の脂質の吸収を阻止
  • 脂肪がつきにくい体に
  • 満腹感をあたえ、食欲の抑制

女性ホルモンの減少を食べ物でサポートし、肌の若返り、ダイエット、バストアップにも働く大豆食品は、毎日の習慣として食べたいものです。

ちなみに、小腹が空いた時のおやつに、納豆はいかが。私は更にお酢を少量かけて食べています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文