疲れた時に食べたくなるもの


疲れた時にたべたくなるものって有りますよね。どんな疲れ日によっても違いますが一般的には甘いものでしょうか。

疲れを感じている時は交感神経の緊張が続き血流が不足したり血糖値が上がったりしています。

その状況をなんとか戻そうとするために、「食べる」と言う行為で副交感神経のスイッチを入れようとするのです。炭酸とレモン

甘いものの他に酸っぱいもの、辛いもの、炭酸系、冷たいものなど刺激の多いものが好まれるようですが、それぞれ身体への影響と疲れの取れ方が違います。

甘いモノはかえって疲れやすくなる?

甘いモノは副交感神経を刺激してリラックスを促し、血糖値を速やかに上げる働きがあります。疲れた時は低血糖の状態なので疲労回復に即効性があります。

しかし、急激に血糖値が上がることでかえって急激に血糖値と体温を急激にさげることに。血糖値を下げるインスリンの分泌が誘発されるためです。

その結果短時間で「低血糖になる→すぐに空腹になる→なにか食べたくなる」と言う負のスパイラルに陥り甘いものに依存する状態が続いてしまうのです。

疲れを取ろうとしてかえって疲れやすい状態を作ってしまうことにも、肥満のもとにもなります。

エネルギーのもとの糖の取り方

極度に疲労が感じた時に、コーヒーに少し砂糖を入れる程度で十分です。

基本的には糖は穀物などの炭水化物から摂るようにすることが大事です。炭水化物から摂った糖は分解に時間がかかるのでゆっくりと血糖値を上げていきます。

急激に血糖値を下げようとすることもないので血糖値を大きく変動させる要因とはなりません。

身体を温めるモノ、嫌なモノ

身体を冷やすと血管が収縮し交感神経を刺激するし辛いものは興奮を招くので交感神経を緊張させてしまいます。

暖かい紅茶交換神経タイプの疲れには、身体を温めるモノがお勧めです。しょうがは身体を温める特効薬のようなもの。生姜紅茶なども良いでしょう。

酸っぱいものや辛いものは嫌なモノと身体が認識し身体の分泌機能を活発化させようと副交換神経を優位にします。

血流を回復し、リンパ球の働きを活発化させて疲労物質や老廃物を排泄させます。ただし本来は不要なものなので取り過ぎはよくありません。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文