脱毛は脱毛でも…


ムダ毛の脱毛と、抜けてほしくない脱毛、そう髪の毛の脱毛です。男性の脱毛の多くはAGAと呼ばれる男性型脱毛症が原因で、頭頂部や額の毛が抜けます。

分け目が薄くなる一方女性の脱毛は髪全体が薄くなり髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見える女性型脱毛症、びまん性脱毛症が多く見られます。

更年期前後に多く、ホルモンバランスの乱れやストレス、過度のダイエット、間違ったヘアケアなどが原因に。

その他、フケが毛穴を塞いで炎症をおこし髪の毛が成長できないひこう性脱毛症や同じ場所を強く引っ張る髪型を続けたりして起こる牽引性脱毛症、出産後に見られる分娩後脱毛症があります。

育毛、発毛は男性専科と考えられていた時代は過ぎ、女性の育毛、発毛関連商品も多く出回るようになっています。

女性特有の問題

女性の社会進出が進んで外見に気を配る人が増えていること、仕事や人間関係、家庭内の問題などストレスも多様化しています。

また、妊娠、出産、更年期障害等女性特有のものも薄毛のきっかけになるのです。今は女性が薄毛の問題で悩むことは特別なことではなくなっています。

男性の薄毛治療に使われ、毛包の成長を止めるDHTと言うホルモンを阻害する「フィナステリド(プロペシア等)」薬剤は女性には使えません。

女性専用クリニック女性には女性の治療が必要なのです。

また、薄毛治療を受ける女性が増えたとはいえ、専門外来は男性が多い場所。敷居が高く感じるかもしれませんね。

女性専用のクリニックや、女性が通いやすいような工夫をしているクリニックもあり薄毛治療もし易い環境になってきていると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文