運動不足は臭くなる


女性ホルモンのエストロゲンが程よい皮下脂肪をつけてふっくらとした丸みのある女性らしい身体を作ってくれています。また、内臓脂肪を抑える働きも持っています。

しかし、運動不足で代謝が低下すると血流が滞り冷えからホルモンバランスも乱れがちになります。運動不足で筋肉量が少ないと脂肪がたまってしまいます。

汗を格生活をするその結果エストロンという物質が過剰に生成され女性ホルモンのバランスが崩れるという負のスパイラルに。

男性ホルモンの作用が高まったり、ニオイの元になる物質もうまく代謝できずに臭くなる、また、汗腺の機能調節もうまく働かず、汗がダラダラと出てニオイの元を増やしているかもしれません。

運動不足が臭いニオイの元を作っているとも言えるでしょう。

におう汗とにおわない汗

汗は、エクリン腺とアポクリン腺という2箇所から出ます。

エクリン腺 体温調節の汗
ほとんどが水分でさらさらしており、ほとんど無臭です。手のひらや足の裏等全身にあります。

アポクリン腺 においの強い汗
衣類の黄ばみの原因でもあります。タンパク質、脂質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸、色素成分などを含みます。脇の下、耳、陰部などに多い汗腺です。

汗が出ない生活は黄信号

運動不足で汗腺がうまく機能していないと、うまく汗を書けなかったり老廃物などが多い汗をかくのでニオイの元となります。

冷暖房に慣れてしまった身体や運動で汗をかいた経験があまりない場合等、汗腺の機能が低下していることもあります。

また、シャワーだけですませていたり、食生活が乱れたりしていてもくさい汗がでることに。

清潔に保つドンドン汗をかく生活をして、汗腺をきたえることも臭いニオイをさせないことにつながります。

ただし、汗をかいたらこまめに手入れをする、衣服を取り替える、などもする必要が有りますね。汗をかいたままでは身体にもよくないし、雑菌でニオイの元を増殖させてしまいますから。

関連記事

ページ上部へ戻る 成行注文