光脱毛

光脱毛の特徴と効果

光脱毛

レーザー脱毛に比べ、出力が低いですがより広い範囲に照射することが出来ると言われています。

 

黒いモノに反応し、毛根の奥深くまで光と熱が届き脱毛効果をみる、と言う方法ですが出力の上限が定められているので望む効果を得るまでにはかなり長い時間がかかります。

 

  • シミ・そばかすを消すために開発されたカメラのストロボに使われているキセノンランプの光の作用を応用した脱毛方法です。
  •  

  • 白色光の強い光をオン・オフの切り替え、波長の調節が自由が出来るのでダメージを低く抑えられます。
  •  

  • 医療機関では、フォトフェイシャル(素肌の再生)に使われているほど美白効果もあります。
  •  

  • 毛穴の引き締め、古い角質への作用でシミ、そばかすが減り肌の再生が行われると言われています。
  •  

  • 光の効果、脱毛の効果についてはまだ確立された意見はないようです。
  •  

  • 出力が低い分、レーザー脱毛や針脱毛にくらべ、肌トラブルが少ないとは言われていますが残念ながら、全くないとは言えません。肌の赤み、低温やけどに似たような症状が出ることもあるようです。
  •  

  • 光脱毛はエステサロンなどでの施術は医師ではないので、アフターケアが不十分な場合もあり得るし、満足できるレベルまでの脱毛効果を得るまでには長い期間を必要とするのが一般的です。

光脱毛関連ページ

レーザー脱毛
レーザー脱毛は皮膚科であざや黒子の治療に使われていたレーザー照射から脱毛用に研究開発されました。黒色に反応する光を利用し、毛母細胞を破壊して脱毛効果をえる方法です。
針脱毛
針脱毛はニードルと呼ばれる細い針を毛穴にさして、弱い電流を流し毛根や毛母を破壊する脱毛方法です。産毛や細かい部分の脱毛に適しています。
脱毛の歴史
脱毛の歴史は古く古代から何らかの脱毛が行われていました。現在ではレーザー脱毛と光脱毛がポピュラーで全身脱毛する女性も多くなってきました。
毛周期と脱毛
毛周期とは毛の生まれ変わりのサイクルです。医療脱毛や脱毛サロンの脱毛は何回も通う必要があるのはこの毛周期が大きく関係しています。