レーザー脱毛

レーザー脱毛の特徴と脱毛の効果

レーザー脱毛

もともとはアザやほくろの治療に使われていたレーザー照射で、その部分に毛が生えなくなるという症例から、表皮を火傷させないで毛乳頭を破壊する研究がされ、試行錯誤の結果開発されたのがアレキサンドライトレーザーによるレーザー脱毛です。

 

レーザー光線は波長により、特定の色や物質に反応します。脱毛に使用されるレーザーは単一の波長の光を皮膚に照射し、黒いメラニン色素飲みに反応するので、表皮や周辺の細胞を傷つけません。

 

  • 毛穴から除いた黒い色(毛)に反応し、吸収されて熱を持ち周囲に熱が広がる。⇒毛球部の毛母細胞を破壊する。
  •  

  • 広範囲に照射
  •  

  • 一度に複数のムダ毛を処理できるので短時間で施術が終わります
  •  

  • 痛みも少なく、高い効果が期待できます特にわきは効果を実感しやすい部位です。
  •  

     

  • 医療用レーザーはシミやアザ、黒ずみを消す効果も期待できます
  • 美白効果を同時に得ることも可能な種類、機器もあります医師資格を有する人間しか扱えないほど出力が高いので、効果は期待できるが赤みや腫れが起こりやすいといえます。
  •  

  • ハリ脱毛に比べ、軽度であることが多いので、長くても1種間程度で自然に消えます曳かない場合は皮膚科医に相談してください。

 

レーザー脱毛関連ページ

針脱毛
針脱毛はニードルと呼ばれる細い針を毛穴にさして、弱い電流を流し毛根や毛母を破壊する脱毛方法です。産毛や細かい部分の脱毛に適しています。
光脱毛
光脱毛は2000年頃にエステサロンを中心に普及した脱毛方法です。IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛等とサロンによって呼び方は違いますが、同じ光脱毛です。
脱毛の歴史
脱毛の歴史は古く古代から何らかの脱毛が行われていました。現在ではレーザー脱毛と光脱毛がポピュラーで全身脱毛する女性も多くなってきました。
毛周期と脱毛
毛周期とは毛の生まれ変わりのサイクルです。医療脱毛や脱毛サロンの脱毛は何回も通う必要があるのはこの毛周期が大きく関係しています。